FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
12.26

sinatra で / の表示がIndexOfになって困った

Category: 未分類
/ にアクセスすると、IndexOf が表示されてしまって困った。

これ前もハマった気がするんだけど、あの時はどうしたんだろう・・・
トレイリングスラッシュまわりは個人的に結構闇を感じてるのでまぁ

hoge と hoge/ みたいなのは、ルーティング書く時に

get '/hoge/?' do
end

みたいに書けばいいからいいんだけど、まじもんの / だけがなんかうーん

原因 結局わからん

passenger の deb があるらしく、
在Ubuntu Server 16.04上配置Apache和Passenger(mod_rails)部署Sinatra应用 を見ながら再設定したら、/ でもちゃんと sinatra 側が動くようになった、謎。

↑のサイトをメモしとくために書いただけかもしれない

とりあえず解決した

久々に Debian testing から sid にしたんだけど、やっぱり闇は深いな・・・
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
12.18

mastodon v2.1.0 にアップデート

Category: 未分類
v2.0.0からのアップデート。rcは無視するすたいる。

で、さっそくエラー出たので。

Installing aws-sdk-resources 2.10.100
Gem::Ext::BuildError: ERROR: Failed to build gem native extension.

current directory: /home/mastodon/live/vendor/bundle/ruby/2.4.0/gems/cld3-3.2.1/ext/cld3
/home/mastodon/.rbenv/versions/2.4.2/bin/ruby -r ./siteconf20171218-110710-c7u4ow.rb extconf.rb
creating Makefile

current directory: /home/mastodon/live/vendor/bundle/ruby/2.4.0/gems/cld3-3.2.1/ext/cld3
make "DESTDIR=" clean

current directory: /home/mastodon/live/vendor/bundle/ruby/2.4.0/gems/cld3-3.2.1/ext/cld3
make "DESTDIR="
compiling base.cc
g++: error: unrecognized command line option ‘-Wimplicit-fallthrough=0’; did you mean ‘-Wno-fallthrough’?
Makefile:209: recipe for target 'base.o' failed
make: *** [base.o] Error 1

make failed, exit code 2

Gem files will remain installed in /home/mastodon/live/vendor/bundle/ruby/2.4.0/gems/cld3-3.2.1 for inspection.
Results logged to /home/mastodon/live/vendor/bundle/ruby/2.4.0/extensions/x86_64-linux/2.4.0-static/cld3-3.2.1/gem_make.out

An error occurred while installing cld3 (3.2.1), and Bundler cannot continue.
Make sure that `gem install cld3 -v '3.2.1'` succeeds before bundling.

In Gemfile:
cld3


なんだよもう・・・

ってよくみたら g++のバージョンが6だ、多分これだ
$ sudo apt-get install g++

7になった。
よっしゃ通った。つぎつぎ。

$ yarn install
ERROR: [Errno 2] No such file or directory: 'install'

なんでやねーーーーん

とりあえず、そういえば、yarn ちゃんと入れてたっけどうだっけわからん
と思ったので、ここ見ていれる。

$ curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | sudo apt-key add -
$ echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list
$ sudo apt-get update && sudo apt-get install yarn


からの〜〜

trying to overwrite '/usr/bin/yarn', which is also in package cmdtest 0.27-1


とりあえずけしとこ
$ sudo apt-get remove cmdtest


で、yarn install は通るようになった。よかったよかった。

てか、毎回 assets:precompile に5分くらいかかってて、数分すると焦ってくるんだけど、こんなもんなのかな
それか使ってるVMインスタンスがしょぼいのか・・・

あと、何かのタイミングで npm が /usr/bin/npm から /usr/local/bin/npm になってた、悲しい
systemdの起動ファイル直して事なきを得た。
とはいえ、npm周りは不勉強なんでなんとかしないとなぁ・・・

今回はこんなところで。
Comment:0  Trackback:0
2017
08.30

[PHP][Laravel] NullOKなカラムをNOT NULL な感じにするmigrationの書き方

Category: 未分類
困った時のStackOverFlow


nullable() って引数あるのか・・・!

なお、日本語ドキュメントには記載なかった。英語もないな。

というわけで、null 許可だったけど、やっぱ not null にしたいわっていう時は

$table->なにか(column name)->nullable(false)->change();


でいけました。

Comment:0  Trackback:0
2017
07.13

http で来たアクセスを https に飛ばしたい時

Category: 未分類
ぐぐってると上位に rewrite 使いました的な記事ばっかりくるんだけど、
サーバ名がわかってる場合は redirect で十分かと

<VirtualHost *:80>
Redirect permanent / https://servername/
ServerName servername
<VirtualHost>


ドキュメントはこの辺

nginx の場合は環境変数っぽいの使えるからどんな場合でも

server {
listen 80;
return 301 https://$host$request_uri;
}


みたいな感じでいいんですけど。
apache では↑みたいなことしたい場合は mod_rewrite 使うしかないんかなぁ。

Comment:0  Trackback:0
2017
06.28

[ruby] Net::LDAP の search で attributes 全部出したい時

Category: 未分類
ふつーに ldapsearch しても出てこない属性を出したい場合

ldap.search(base: BASE, filter: '(cn=hoge*)', attributes: ["+", "*"],){ |e|
}


みたいに、array で attributes のところに + と * を入れてあげればOKだった。

よく考えるとそうなんだけど、検索しても出てこなくて悩んだのでメモ

というか、なんて検索したらいいのか全然わからんちんだった・・・




Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。