FC2ブログ
2010
06.09

レポートマネージャでエクセル出力するときにはまったことメモ。

■その1
テーブルを使うときに、エクセル側のセルの高さを固定にしたい場合は CanGrow を false にして、Height を指定。paddingは微妙に無視されているような気がしなくもないが…w

レポートマネージャの表示では、高さが優先されて表示されているのだが、CanGrow が true になっていると、エクセルで出力したときに、高さが自動扱いになってしまう模様。

ちなみに、列単位で設定しないといけません。1箇所でも true になっていると、それにあわせてしまうようです。

■その2
テーブルで罫線を solid 以外を指定したとき、なぜか、一番左の列と一番右の列だけ、設定が反映されません。なぜ?なぜなの??!!!!

諦めて全部 solid にしましたよ…。うわーん。



まだあったかもしれないけど、忘れた。

もうきっと使わないし!(ぇ


スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2010
05.20

f90 で CGI してみたよ。

今日はじめて書いたから、こんな程度で許してね。

program cgi
character*200 q
call getenv('QUERY_STRING' , q)
print "('Content-Type: text/html',i0)"
print "('',i0)"
print "('<h1>Hello World!</h1>',i0)"
write(*,*) "QUERY_STRING: ", q, ""

stop
end program cgi


QUERY_STRING が 200byte 超えるとエラーになりそうだね。まぁいいか。

これを、cgi.f90 って名前で保存して(cgi.f でやったら、コンパイル通らなかった)、
$ gfortran cgi.f90 -o test.o

で、バイナリ作成。
apache の設定に
AddHandler cgi-script .o

を追加して apache を再起動して、アクセス。

$ wget http://localhost/test.o?qqqqq -O- 2>/dev/null
<h1>Hello World!</h1>
QUERY_STRING: qqqqq



一応動くよ。
本当はPOSTの動作も試したいところだけど、それはまた今度ってことで。

program cgi
character*200 q
call getenv('QUERY_STRING' , q)
write(*,*)"Content-Type: text/html"
write(*,*)""
write(*,*)"<h1>Hello World!</h1>"
stop
end program cgi


はじめはこんな風に書いていたんだ。

malformed header from script. Bad header= : test.o

とapacheさんに怒られまくり。

 Content-Type: text/html

<h1>Hello World!</h1>


のように出てしまうんだよね。
出力のフォーマットのデフォルトが、頭半角スペース1文字分あける、になっていたから、
結構はまったよ・・・。

簡単な感想としては、emacs にちゃんと、fortran-mode があったことかなー。
あと、webでは使わないよねー。使うことないよねー。使いこなせないよねー。的な。
でも、ちょっと試してみたいかなー?perlのCGIなんかより早く動作してくれるならば
結構ありだよね。いや、早いとは思うけど。

次はなんか別の言語で遊んでみるよー。
shでやったときのはコチラ
Comment:0  Trackback:0
2009
11.04

もう逃げられないのか


この苦しみから逃げたらいけないんでしょうか…。


最近、色々と面倒ゴトが多くて面倒くさいんですが、とうとう直面しまくりです。


ええ、現在の開発でわりと使うんですよね、java…。


嫌いだからというか、10年弱前に触って、遅い!の一言でかたづけて、それ以来ほっとんど触ることもなかったんですが、最近ホント使わないといけなさそうなコトが多くて。



ruby も嫌いだから逃げてたんですが、こっちはまぁ LL なんで、それほど拒絶することもなかったんですが、java は全くもって違うものなので、かなりの拒否反応…。


食わず嫌いかもしれませんが、嫌なものは嫌なんですwwwwww



さて、どうやって克服しますかねぇ…。


え、諦めろって?


うーん、まぁそれもありかもしれません…。





Comment:0  Trackback:0
2009
10.05

railsではまりまくる

typusという、管理画面を作ってくれるのがあるらしいのだが、

サイトに書いてあるとおりのコマンドを入れると

$ rails example.com -m http://gist.github.com/86613.txt
getopt: invalid option -- 'm'
Terminating...


とかいわれてしまって、先に進めない。

色々オプションがあるっぽいけど、man みても、-m なんてのないし、
なんか一覧ないのかなぁ?

とりあえず、コード見てみたけど

$ lv /usr/bin/rails
TEMP=`getopt -o dCFD:I: --long no-docs,copy,force-overwrite,database:,internal: -- "$@"`
if [ $? != 0 ]; then
echo "Terminating..." >&2
exit 1
fi


ないやん!

使ってるバージョンは、2.2.3。
うーむ、debian 側でなんかしてるもかも?と思ったけどそうでもないですね。

gem で入れて、パッケージは消しますかのう。
・・・なんかえらい時間かかるんですg VMだから?

数分して、やっとなんかインストールされはじめました。
最新の rails は 2.3.4 な模様。

眠いので続きは明日・・・!




続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2009
10.02

Ruby On Rails やってみてるよ!

というわけで、久々にやってみています。

昔やってたときは、1.0 にすらなってなかった気がするんだが(笑)



っても、構築したいシステムのネタがないので困った・・・

あー、team mukya のサイトでもちゃんと構築しましょうかね!

ということで・・・

$ rails mukya


大元つくって

$ cd mukya


移動して

$ emacs -nw config/database.yml


mysql を使うので、内容を変更して

$ script/generate scaffold Case title:string body:text
$ script/generate scaffold News open_date:string body:text title:string
$ script/generate scaffold Link name:string url:string body:text
$ script/generate scaffold Content title:string body:text


scaffold を作成。

$ rake db:create
!!! The bundled mysql.rb driver has been removed from Rails 2.2. Please install the mysql gem and try again: gem install mysql.
rake aborted!
no such file to load -- mysql

(See full trace by running task with --trace)


はいはいエラーエラー
mysql のライブラリが入ってないじゃん!

sudo apt-get install libmysql-ruby1.8


いんすこいんすこ

もっかいやったら成功!したいみたい?

だけど、作られたDB見ても、テーブルなかったり・・・

$ rake db:migrate



しないとだめなのk

最後に

$ ./script/server


して、できあがりー。
とりあえずなんかできたっぽいので、今日は終わりにしよう(ぇ



Todo:
トップページを設定する。
テンプレートの修正

Comment:0  Trackback:0
back-to-top