FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
03.06

はねたき橋と遊歩道

Category: 散策
大間々に、はねたき橋 という橋があるというので見てきました。

P3050272.jpg

橋の床には、鳥や魚や花が描かれたタイルが埋め込まれています。
1つくらい写真撮ろうと思ったのにすっかり忘れてしまいました…

P3050342.jpg

橋を渡ると、右側に遊歩道が。一旦川辺まで降りて、また登ります。
階段は結構急でした。
大間々の駅の近くまで続いています。

P3050345.jpg

大間々の花、さくらそうの描かれたタイル。

P3050336.jpg

橋を下から見上げたり。


P3050347.jpg

ポットホールと呼ばれるモノがあるとのことでしたが、どれだかわかりませんでした…
多分、水が少なくて判別出来なかったと思われ(´・ω・`)


P3050359.jpg

少し離れたところから、はねたき橋をパシャリ。


P3050373.jpg

渡良瀬川。
水の色はエメラルドグリーン。もっと上流だとかなり澄んでいます。


P3050372.jpg

木で出来た橋がかかっています。
朝早かったせいか、凍結していて滑りました(´・ω・`)
注意深く歩きましょう。


P3050404.jpg

こちらは高津戸橋。
真っ赤なのが特徴的。

P3050406.jpg

その橋から見た下流側。
水を見てると癒されますね(´∀`*)

この周辺は、地元の方の散歩コースになっているらしく、散歩されている方が何人かいらっしゃったのですが、
そのほとんどの方に挨拶されて、その後、どこから来たの?とかそんな話に。

今までいろんなところを旅してきましたが、こんなことは初めてです。
始めに声をかけられた時はびっくりしてしまいましたが、きっとそういう土地柄なんだろうなぁと思って、
その後は、こちらから挨拶してみたり。

あ、でもね
「学校終わったの?」
って言われたのは、さすがにないと思うんですね(´・ω・`)
いやいや、もうおばはんですしおすし…

ピンクの耳あてしてたのがよくなかったのかなぁ…
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
03.06

ながめ余興場

Category: 散策
わたらせ渓谷鉄道、大間々駅から徒歩10分もかからない場所にある、ながめ余興場


ふらふらと散歩していたら発見。

そもそも大間々に寄ったのは、桐生駅で20分待ちになったのですが、寒いので来ていた大間々行きにとりあえず乗り、次の列車まで時間があったから、とかいう理由だったり。

一人旅だからこそできる、この行き当たりばったり適当旅。


P3050416.jpg

で、建物の周りを見学。
昭和12年に建てられた建物だそうです。

P3050421.jpg

火曜日は休館日で、中の見学は出来ませんでしたが、こういったレトロな建物は、見ているだけでも楽しいですね。

P3050424.jpg

横には広い駐車場も併設されており、人がたくさん来ることもあるのかなぁ、とか考えつつ写真を撮ってました。
昔hあ色々な劇団や歌手がやってきていて、大人気だったみたいですけどね。

新しいコトを知るのは楽しいですね。
Comment:0  Trackback:0
2011
08.12

橋本駅~城山ダム~宮ケ瀬ダム~七沢温泉~本厚木駅 その2

Category: 散策
その2では、城山ダムから宮ケ瀬ダムまでの道のりを。

城山ダムからは、登り勾配が若干きつくなってきます。
津久井湖沿いを城山のふもとを抜けて、513号へと向かいます。

413号から離れていったん65号に入ります。
中野
513号へ入る前にちょっと休憩。
コンビニでアイスを買って食べました。
この写真に写ってるスリーエフ、わかります?w
コンビニを出たのが大体10時半前くらいだったかな。
陽がかなりまぶしいし暑いです。コンクリートの上を歩いているので、照り返しもきついです。

神社があったのでお参り。
安全祈願をしましょう。
中野神社

そして、513号線をくねくねと登ります。
道路からはところどころ津久井湖を見下ろすことができます。
津久井湖がみえる
結構登っています。まだまだ登ります。

513途中
山がたくさんみえる!
ゆるやかな風が吹いてはいるのですが、ほんと暑い・・・。太陽め・・・ぐぬぬ。

途中、コンビニで休憩。
というか、中野のスリーエフから宮ケ瀬ダムまで、ここ1軒しかコンビニはありませんでした。
凍ったペットボトル飲料を買って、飲料追加。

そして、ついに標識に宮ケ瀬湖が・・・!
標識
逆光のため見づらくてすみません。
半原は、宮ケ瀬湖湖畔の町の名前なので、あと4kmくらいと考えてよいでしょう。
テンションが上がる!
しかし、足がだいぶ痛い・・・。
ダイエットは怠ってはいけませんね。
次からもっと足に負担をかけないように考えよう・・・。
けど、歩いてれば着くでしょう、はい。

細い道
googlemapさんが教えてくれた細い道を通ったり(ショートカットとしてはとても万能でした)。
本当にこの道でいいのかよ!って突っ込みたくなるのですが、この先に幹線道路が見えたので安心しました。
けど、こういう風景は好きなので、まったりと楽しみつつ。

牧場
途中、牧場を発見!
なんか、ジェラート販売中とか書いてあるんですけど・・・!
道路から牛も見えます。
しかしっ・・・先を急ぎたかったのでパス。今度ゆっくり来よう。

近い!
この標識を見よ!後一歩!
これは、もう近いでしょう。
その前に、屋根のあるベンチを発見したのでそこで休憩。
日陰はかなり涼しいですね。むしろ寒く感じることもあるくらい。汗のせいだとは思いますが。
この先、ダム管理事務所の前に出る道があります。ですので、そこを登っていくことに。
あとで知ったのだけど、一般車は通行禁止だそうで。

結構きつい坂ですが、ここを登り切ればと思うと、何とか頑張れます。


そして、ついに・・・

みえた
ダムが見えたっ・・・!
てかでけえええええ!
こんなに遠くから見ても、ほかのダムとは一線を画しているのがわかります。
奥多摩の大河内ダムより大きいです。

さて、ダムの詳細は次のエントリーで。
Comment:0  Trackback:0
2011
08.11

橋本駅~城山ダム~宮ケ瀬ダム~七沢温泉~本厚木駅 その1

Category: 散策
前々から企画していた、このルートを2/3くらい歩いてきました。
残りはバスです。

宮ケ瀬ダムの観光放流が見たくて、天気やら自分の体力やらをうかがっていたのですが、
ついにベストディがやってきまして、敢行。

大体の移動距離は以下の通り。
橋本駅~城山ダム~宮ケ瀬ダム~仏果山登山口バス停 徒歩 (20km)
仏果山登山口バス停~尾崎バス停 バス (7km)
尾崎バス停~七沢温泉 徒歩 (3km)
七沢温泉~本厚木駅 バス (8km)
本当は全部歩くつもりだったんですが、ペース配分を間違えたり、単に無理な計画立てただけだったり、理由は色々ありますが、無理は禁物ということで、途中バスを利用しました。

今回は移動距離が結構あるので、エントリーは数回に分けたいと思います。



8月10日、ついにこのルートを決行する日がやってきた。
朝3時に起床、冷やし中華を作って朝食に。
電車に乗っている時間も結構あるので、iTunesStoreで曲を買って同期をしていたら、当初の出撃時間を過ぎてしまい、自宅を出たのは6時過ぎ。6時半くらいには飯田橋で電車に乗って、橋本駅に着いたのは7時30分過ぎになってしまった。

まずは、ここから413号線に出て、城山ダムを目指す。
距離はおよそ6km。
AOKIの前
駅から離れると、山々が見えてきて、テンションが上がってくる。
道はとても緩やかな上り坂。

後10年もしたら素敵な廃墟になりそうなアミューズメントな建物。
廃墟

途中なぞの遺跡を発見。
遺跡
(注:看板はあるものの、このあたりは原っぱだらけ。少し離れたところに発掘されたものがあるようです)

城山ダム
9時過ぎには到着。駅前で少しうろうろしてしまったので、橋本駅の出発時間は7時45分くらいにはなっていたと思う。
えーと、6kmを1時間15分・・・完全な平地ならばありかもしれませんが、これはいくらなんでもオーバーペースのような気がしてなりません。
30分ほど休憩することに。
展望台からの眺めは、ダムを一望できてかなり素敵です。

津久井湖
展望台の反対側より。

ちなみに、ダムを渡ったところに観光センターがあり、お土産やパン・飲み物が売っており、お手洗いもあるので、ぜひ活用しましょう。車で来た場合は、こちらの駐車場を利用するとよいでしょう。
しかし、10日だったためか、相模湖方面は渋滞していました。橋本方面はすかすかだったんですが。
城山ダムは、津久井湖にあるダムです。ここから北へ行ったところには、城山湖がありますが、そちらとは無関係です、たぶん。

さて、次はメインの宮ケ瀬湖に向かいますが、次のエントリーにて。
Comment:2  Trackback:0
2011
08.09

奥多摩の鍾乳洞に行ってきたよ

Category: 散策   Tags:奥多摩日原鍾乳洞
おくたま 1


いきなり思い立って、奥多摩にある日原鍾乳洞へ行ってきました。
前から行こう行こうとは思っていたのですが、なかなか行けずにいました。

日原鍾乳洞は、JR奥多摩駅からバスで行きます。
bus.jpg

平日は、鍾乳洞の近くまでバスが出ていますが、土休日は、東日原までしか行けませんのでご注意を。

バスは、細い日原街道をゆっくりくねくねと登っていきます。
乗り物酔いする人はちょっと酔うかもしれない・・・。
当初はここを歩いて行く予定だったのですが、暑さと体力的問題のために断念。
景色もキレイですから、ゆっくりと見たいですね。

25分ほどで、鍾乳洞バス停に到着。
渓流にかかった橋を渡り、5分ほど歩きます。

橋を渡ってすぐのところに行先案内板が。
行先案内板

ここは雲取山の登山ルートの一つにもなっています。
いつか行きたいですね・・・雲取山。

坂
こんな感じのゆるい坂を上がっていきますが、なんと日差しの強いこと!
帽子は必須ですね。色々気になる人は、薄手のパーカーなんかもあるといいかもしれません。

入場券売り場
5分ちょっとくらいで入口に到着。
夏休みだからなのか、人はそこそこいる感じ。
入場料は大人一人500円。入場チケットはしおりにできるように、ヒモがついています。これはいいかもしれない。
朝8時からやっているそうです。

入口
では、早速中へ・・・って寒いっ!
冷気がただよってきます。入口にある温度計を見ると、なんと・・・11度だと・・・!
ある程度涼しいのは予測していましたが、ここまで温度が低いとは。
あわてて長袖のシャツを着こんで、いざ出陣!

中は、とても湿度がたたく、いたるところから水滴が落ちています。
電灯があるので、暗くはありませんが、足元は濡れていてすべる危険があり、一歩ずつゆっくりと進みます。
特徴的な部分には、名前がついていたりします。

写真は結構撮ったのですが、iPhoneだったのであまりキレイに撮れてないです・・・早くデジカメを買わないと。
なんとか公開できそうなレベルのものをいくつかピックアップします。

中1
中2
中3
中4
中5
中6
中7

とても狭い穴のような場所に急な角度の階段が設置されていたり、何十メートルも高さの場所を登らないといけなかったりで、結構体力使います。
ちなみに、急な角度の階段を降りる場合は、後ろ向きになって降りると楽ですし、安全です。
途中に天井のとても高い開けた場所があるのですが、そこでiPhoneのジャイロ機能がうまく動いてくれなくて、写真撮るのに苦労しましたが、まぁ・・・無理に撮らなくてもよかったかもorz

外に出ると、視界が一瞬で真っ白に!メガネが曇ってました・・・。

水が滴ってきますので、気になる人はレインコートを持参しましょう。
後、寒いの苦手な人は上着必須です。
後、歩きやすい靴で行きましょう。ヒールで来てるおばちゃんいて絶句・・・。
階段は手すりにつかまって歩いた方がよいです。ちょっと低い場所にあるのが気になりましたが。
軍手もあるといいかもしれません。水でびしょびしょになっちゃうと思いますが。

中はゆっくり回っても1時間もかかりませんが、なかなか濃い色々と冒険心をくすぐられる場所でした。

渓流
外の景色もなかなか素敵でした。
すぐ近くに渓流があるのですが、涼しげでよい感じです。

山
岩肌の見えた山も圧巻。

近くの食事処でうどん食べて、バス停そばのお土産屋さんでくさもち食べて帰りました。
くさもちおいしかったよー!

あきる野市にも鍾乳洞があるらしいので、今度行ってみる予定です。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。