FC2ブログ
2009
02.13

mltermに乗り換えるよ!

Category: 未分類
前もちらっと書いたような気もしなくもないが、
一部のマルチバイト文字をきちんと処理してくれない、gnome-terminal にそろそろ嫌気がさしてきたので、mlterm 乗り換えを決行。

apt-get install mlterm

で、$HOME/.mlterm/main だとか、font だとかを、てきとに編集。

uim がうまく起動しないので、何かを思ったら、別のパッケージを入れる必要があったようで。

とりあえず、apt-cache search mlterm して、それっぽい+使えそうな
mlterm-im-uim mlterm-im-m17nlib mlterm-tools をinstall。

とりあえず、日本語打てるよーになった。
あとは、フォントまわりをいじればいいかな。
デフォルトのままでも問題ないけど。
gnome-terminal は、メニューから変更できるから楽だよなー。


設定ファイルは、ぐぐって出てきたサイトを参考に。
mltermを使う
Debian で mlterm
後者の方は、

input_method = uim:anthy-utf8


と書いてあるのだが、うちの環境ではふつーに anthy だけでよかったので、
そこは修正した。


っても、mlterm が、マルチバイト文字をきちんと処理してくれるわけではなく、
一部の文字を置き換えて表示しているだけであって、根本解決はしてないと
思われる。

まぁ、gnome-terminal もだめではなかったと思う。
なんかオプションつけたりで、うまくいったりいかなかったりで、まだ不安定な感じが?
試すくらいなら、mlterm でいいや的な判断です。

この辺はほんとに何とかしたいところです。


そのうち…ね!




ああ、そのうちなんか、apt-get 使うなってツッコミ入りそうだ(ぇ
だって、apt-get って打ったほうが短いじゃん(そこかい


また、色々いぢったので追記。

うーわー
もうあほすぎて泣いちゃうぜ

font について何もわかってなかった…

jis だとか、euc-jp だとか、文字コードごとに設定するのかー
そら、フォントかわらねえわけだ。

というわけで、utf8で生活してるので、それ用に設定しました。
ISO10646_UCS4_1 ってのが、utf8らしー。
ってどっかにあったので、ぱくりました。

ISO8859_1=Free Time:100;
ISO8859_1_BOLD=Free Time:100;
ISO10646_UCS4_1 = VL Gothic-iso10646-1:100;
ISO10646_UCS4_1_BIWIDTH = VL Gothic-iso10646-1:100



ふー、これでやっと、gnome-terminal と同じ感じになった。

あと、マルチバイトなのに、1バイト分で文字を表示しちゃうやつは、
main に

col_size_of_width_a = 2


を足したらうまくいきましたとさ。

やれやれだぜ。

スポンサーサイト



トラックバックURL
http://noriko3.blog42.fc2.com/tb.php/167-4c26c928
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top