FC2ブログ
2010
11.24

映画 『クンドゥン』

随分前にCSでやっていたのを録画。

「クンドゥン」とはチベット人がダライ・ラマを親しみを込めて呼ぶ時に使う名称。

この映画ではダライ・ラマ14世(ラモ)の半生が描かれる。
(おそらく)事実を元に、わりと淡々と話は進む。
ダライ・ラマの苦悩は細かくは描かれてないです。

少しずつ成長していくにつれ、ダライ・ラマとして自覚していく。

第2次世界大戦がまるで別世界に見えてしまうくらい平和だったチベットに、
ついに中国共産党の手が伸びて来てしまう。
はじめは親和的な態度だった共産党も、徐々に圧力をかけてくる。
非暴力を掲げるダライ・ラマは、チベットを立て直すためにインドへの亡命を余儀なくされるのであった。

詳しいあらすじはwikipediaさまにお任せしましょう(だいぶ細かいです)。

印象的なシーンといえば、ラモの父親が死んだときに行われた鳥葬のシーン。
遺体を砂漠に置いて、そのまま放置するのかと思ったのだが、
手足を切り取り、食べやすいように肉をちぎり、鷹に食わせる。
結構ショッキングでした。

この映画だけでは、ダライ・ラマの考え方や思想を理解するには至らないとは思いますが、
足がかりにはできるのではないでしょうか。

クンドゥン (HDニューマスター版) [DVD]
東北新社 (2009-07-03)
売り上げランキング: 13580

スポンサーサイト




トラックバックURL
http://noriko3.blog42.fc2.com/tb.php/462-1b0fe9b7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top