--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.10

Amon2インストールからちょっと動かしてみるまでメモ

Category: 未分類
Amon2-3.85 の話。

メモ。

勘違いしてる部分も結構あるかも。

Amon2::Manual::Tutorial.ja を最新バージョン版にして欲しいところ(´・ω・`)

色々ググってみたけど、やっぱ日本語情報少ないね。気合で頑張るよ。
使ってる人少ないのかな。
Catalystの時も散々だったけど。

$ sudo cpanm install Amon2

$ amon2-setup.pl AppName

$ cd AppNmae

$ sudo cpanm --installdeps .

足りないのあったから、それ入れてもっかい

$ plackup app.psgi

起動まではこれでおk

ディスパッチャとか

$ mkdir lib/AppName/Web/C

edit mkdir lib/AppName/Web/C/Root.pm
...(略)...
sub index {
my ($class , $c) = @_;
return $c->render('index.tt');
};


この間、1を忘れて悶絶した。
というか数ヶ月に一度はやらかしている。

edit lib/AppName/Web/Dispatcher.pm
package AppName::Web::Dispatcher;
use strict;
use warnings;
use utf8;
use Amon2::Web::Dispatcher::RouterSimple;

connect '/' => 'Root#index';

1;


edit lib/AppName/Web.pm
add
use AppName::Web::C::Root;


スケルトン作る時にオプションでこの辺の設定なしにもできるっぽい。
show man amon2-setup.pl and amon2-setup.pl --list-flavors
--flavor=Large だったかな。次からはコレ使うか。

次DB周り。

edit config/development.pl

そろそろDBIxは卒業せんといかんかなーとは思ってはいる。うーむ。

AppName.pm に sqlのファイル読み込む部分あるから、ここでスキーマ作ってるのか?
と思ったらテーブルを作っていた。

sql ファイルの中身が
CREATE TABLE IF NOT EXISTS sessions (

とかなってたら(というかサンプルはなってたのだが)色々面倒なような。
session なら消えてもあんま問題ないけど。
だが、まぁコメントにしてしまうのが一番楽でいいや。

AppName.pm の setup_schema の中身をコメント。

てか、DBIxじゃなくてDBIなのか。始めに作る時に Teng にするならオプション指定して
スケルトン作らないとめんどくさいな…とりま今回はこのまま進めとこ。

DBへのアクセスは、 $c->dbh->なんちゃら。

後はごちゃごちゃ書けば何とかなりそうだ。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://noriko3.blog42.fc2.com/tb.php/809-2b8d80a4
トラックバック
コメント
4.0 でデフォルトが DBI じゃなくて Teng になっております。
とおりすがりのものdot 2013.09.25 11:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。